プジョーの歴史

プジョーは、結構古からある自動車会社です。そこで、簡単にですが歴史を説明していきますね。

 

フランス東部のフランスシェ・コンテで、1810年に冷間製鉄やペッパーミルなどのような金属製造業をしている会社がありました。ここの社長の子供が経営に参加した後、設立されたのです。初めのうちこそあまり製造されていませんでしたが、徐々に着手して行きました。

 

1974年に経営不振だった他会社を吸収して「PSA・プジョー・シトロエン」を設立しました。そして、様々なところを傘下に取り入れてフランス最大として有名になっていきました。他にもスクーターやモータースポーツなどにも手を出しています。レースでは結構な活躍をしており、優勝したこともありました。ですが、現在は活動を中止しています。